子供用のサンダルは、特に夏の暑い時期には欠かせないアイテムです。ですが子供は公園で激しく遊んだり、はたまた転んでしまったりということが頻繁に起こるので、できるだけつま先は開いていないもの、つまりつま先はしっかり閉じてあるデザインのものを選ぶようにしています。そうすることで、つま先を怪我してしまうことをしっかりと防止することができるのです。

特につま先というのは色々なところにぶつけやすいので、ひどい時には爪まではげてしまうような怪我を負う可能性もあるのでデザイン選びは慎重にしたほうが良いでしょう。またそのほかのポイントとしては、普段用のサンダルなら走りやすいように靴底のラバーが柔らかいものを選ぶことや、靴擦れしにくい子供の柔らかい皮膚にも優しい素材を使ったものを選ぶのがおすすめです。

結局のところは、子供のサンダルはデザインよりも安全性重視というような実用性の高さに主眼を置いて選んだほうが間違いがないと言うことになります。