以前は可愛いデザインや流行のタイプのサンダルを購入していました。

ところが年々、足弱になってきて、適当な品のサンダルでは長丁場を歩くことができなくなってきました。

サンダルは靴に比べてホールド感が弱く、疲れやすいのが難点です。

しかし夏場の暑さには空気の流通が豊富なサンダルは重宝なものです。

ですので、長時間の行程ではサンダル選びにも慎重にならざるを得ません。

最近ではウォーキングタイプの足に優しいサンダルが出てきました。

お値段は張りますが、長く使うものですし、足元は体にも大事なのでここは思いきって高価でも良品のタイプのものを選びます。

その場合、通信販売などではなく、実際に靴売り場へ行き、サンダルを履いてみることが重要です。

靴を脱いだり履いたりすることはとても面倒なのですが、しっかりと取り組まなければなりません。

足にぴったりで、履き心地がよく、デザインや色も優れていたら、これはもう一生物の宝物と同じです。

長距離も楽に歩け、疲れが少ない評判のサンダルに出会えたら、できる限り大切に長く履き続けます。