サンダルは必ずストラップつきを選びます

カテゴリー サンダル

私は夏場のみサンダルを履きますが、購入する時には必ずアンクレットのストラップが付いているものを選んで購入するようにしています。また、ヒールの高さは5センチくらいあるものでなるべく太いヒールを選ぶようにしています。ヒール5センチかつストラップつきのサンダルを選ぶのは、足首の太さにコンプレックスを持っているからです。

 

ヒールがある程度高いものを選ぶと、足首がキュッと細く見えるし姿勢がよく見えるからです。5センチの高さを選ぶのは、足首が綺麗に見えやすいのですが歩きやすさも兼ね備えているからです。ストラップがあると、足首の細さを隠しつつも足が固定されて脱げにくいのが気に入っています。

 

サンダルを履く時のファッションで気をつけていることは、足首をあえて見せることです。手首足首は隠すよりも見せる方がすっきり見えるとテレビ番組でやっていたので、ストラップが見えるような丈のジーンズやスカートを着るようにしています。色やデザインも大事ですが、靴なので歩きやすさも重視しながら選んでいます。